女性の不妊症における原因

女性側の原因

卵管障害

卵管が詰まっていたり細かったりして、卵子と精子が出会いえないのが卵管障害で不妊の30%~40%を占めると言われています。
クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症が原因で起こる事が多いようです。

 

 

排卵障害

卵子が育たず、育っても排卵できない場合のことで、不妊の約25%を締めると言われています。ホルモンのアンバランスによって起こるようです。

 

 

子宮の異常

子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症や、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが主な原因で、子宮内膜に異常があると受精しても受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産してしまったりします。
また、子宮が2つあったり、子宮の形に異常があったりする場合も、妊娠が難しくなります。

 

 

子宮頸管の通過障害

精子が子宮の入り口である子宮頸管を通過できないという障害で、代表的なものに抗精子抗体があります。頸管粘液の分泌が少ないため、精子がうまく通過できないこともあるようです。

 

 

骨盤内の病変がある

子宮内膜症、腹膜炎、開腹手術の後遺症などによって、骨盤内に癒着が起こり、卵子の成長や排卵が阻止される状況です。

 

 

膣や外陰部のトラブル

特殊なケースですが、半陰陽、腟の欠損や奇形、処女膜閉鎖などのトラブルがある場合は、そのままでは妊娠は不可能です。

 

>>男性側の原因についてはこちら