生理周期の乱れは、女性ホルモンのバランスの乱れが関与しています。

不妊を克服するため生理周期を整える

 

妊娠を希望するならば、排卵日を知ることがまず必要ですが、生理不順などで排卵日もまちまちであったり、排卵障害などで排卵自体されない場合もあります。

 

不妊に悩む人は、生理不順である場合が多く、生理不順を改善することはとても大切です。

 

 

 

生理不順の改善に心がけること

生理周期の乱れは、女性ホルモンのバランスの乱れが関与しています。
ホルモンの分泌が不十分であった場合、排卵も行われない月経もあります。
生理不順を改善するには、ホルモンバランスを整えるということをしなくてはいけません。

 

 

 

 

ホルモンバランスを乱す原因

女性ホルモンの分泌や生理はとてもデリケートなものです。
バランスを崩す原因は多くみられます。

 

主な原因として、

  • 冷え性
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 運動不足

 

この様な基本的な毎日の習慣を規則正しくすることで改善されます。

 

 

 

 

生活習慣の見直しで月経不順を改善する方法

生活習慣を見直すことで、生理不順が改善されることが多くみられます。

 

 

充分な睡眠

睡眠不足では、体調も悪くなります。ホルモンは睡眠中に分泌されることが多く、睡眠不足も充分なホルモンが分泌されない原因となっています。

 

 

 

冷え性の改善

半身浴の画像

冷え性、特に子宮や卵巣のある下腹部の冷えや、内臓の冷えが起こると、血行不良から充分な栄養分が行き渡らず、子宮などの機能が正常に働かなくなります。

 

まず下腹部の冷えに気を付け、薄着の季節は特に注意します。
入浴も半身浴などで体の芯から温まるというように心がけます。

 

体の冷えと不妊の関係とは?

 

 

 

食生活の改善

無理なダイエットなどで栄養失調になっていたり、偏食で必要なビタミンミネラルが不足していると新陳代謝も乱れ、充分にホルモンも分泌されません。
妊活中は、偏ったダイエットはしないようにし、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

 

適度な運動

ストレッチをする女性の画像

運動不足では、血行不良をおこし十分な栄養が行き渡りません。
また、妊娠に備え体力や体の柔軟性を付けておくことは大切です。
ウォーキングや、ストレッチングを行うようにします。