不妊治療で悩む男性の原因とは

男性側の原因

性交障害

ペニスが勃起しないために性交ができないインポンテンツや、勃起しても女性の腟内にうまく射精できない場合、性交による自然妊娠が難しくなります。

 

 

精管通過障害

精子の通り道である精管が、先天的な異常、開腹手術や事故の後遺症などによって、ふさがってしまった状態のこと。

 

 

精子の異常

精子が作られない、数が少ない、動きが悪い、奇形が多いといったことが男性不妊の80%を占めると言われています。ホルモン異常、先天的な精巣の異常、尿路感染症や性感染症、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの高熱性の病気、ストレスなどによって、精巣の機能がそこなわれることが原因だそうです。

 

 

全身的な疾患や疲労

糖尿病などの内分泌疾患、過度の疲労、度を越した飲酒や喫煙なども、精子の形成に悪影響を与えます。

 

 

 

男女の原因

夫婦の適合性が悪く妊娠できない事もあります。
その一つに抗精子抗体があります。

 

原因不明

いずれの原因にも当てはまらないのに妊娠しない、原因が分らない不妊症は約10%だと言われています。現在の医学では原因がわからない不妊症を「機能性不妊症」といいます。

 

>>女性側の原因についてはこちら