冷えによる血行不良は、子宮や卵巣の機能が正常に機能しないことがあります。

体の冷えと不妊

 

不妊の理由は様々ですが、検査の結果これといった問題のない場合にも妊娠しにくい場合、冷え性である場合が多くみられます。

 

生理が順調だと不妊体質ではない?

 

 

冷え性の血行不良による不妊

 

女性は冷え性に悩む場合が多くみられますが、不妊である原因の一つとして体の冷えが考えられます。特に内臓の冷えには注意が必要です。

 

近年では、いたるところで冷房などがきいているので、冷え性は四季を通じての悩みとなっています。

 

体がいつも冷えている状態では、肩こり、頭痛等の原因で、様々な不快症状が現れますが、冷えにより血行不良となっていると、必要なところに十分な栄養分も届けられなくなり、子宮や卵巣の機能も正常に機能しないことがあります

 

子宮や卵巣の働きが正常に起こるには、ホルモンの分泌等も必要ですが、血行不良では新陳代謝も劣り、ホルモンの分泌も正常ではなくなりバランスが乱れ、月経不順、排卵や着床能力も劣るようになり、不妊となっているケースが多くあります。

 

不妊治療で子宮内膜症、子宮筋腫などの病気が発覚した場合などもその病気になる根本的な原因は内臓の冷えであったということも多くみられ、冷えを放っておくと、不妊ばかりではなく病気になる可能性があり注意が必要です。

 

 

 

冷えをとる方法

靴下の画像

不妊治療を行っている場合、冷えを取り除くと子宝に恵まれるということも考えられます。

 

まず大切なことは、足元を冷やさないように靴下をはくようにします。最近は遠赤外線などで温かくなるものなども販売されており、薄着になる夏にも気を付けなければいけません。

 

特に、フローリングの床の住宅などでは、知らず知らずに冷えていることも考えられます。

 

オフィスなどでも、直接冷風の当たる場合には、ひざ掛けをするなど下半身を冷やさないようにします

 

バスタイムには、内臓までしっかり温まるように、半身浴でリラックスし入浴する習慣を作るようにしましょう

 

睡眠不足も体調を崩し、生殖機能が正常に働かない原因となりますので、寝る前に半身浴をして、質の良い睡眠をとるということも大切です。

 

運動をして血行促進をするようにします。ウォーキングや、スクワットなどの筋力トレーニング、ストレッチングなどすぐにでき、毎日続けられる運動をするように心がけましょう

 

 

冷房病

冷房病と言われる症状は、夏に外気と冷房の効いた温度差のある中を一日に何度も往復したりするようなことで起こり、自律神経の乱れが起こり、冷えていることの自覚症状がない場合も多く不妊の原因ともなるため、薄着の季節は特に体は冷やさないということに注意をしなくてはいけません。