順調な生理が続くことが、自然妊娠することに繋がります。

生理が順調なら?

自然妊娠をする為には、順調な生理が続いていることが大事です。

 

生理不順は、いろいろな疾患を引き起こす原因になり、不妊になることもあります。

 

生理は、子宮内を受精し、胎児を育てられる状態にしておく為に、25日から38日の周期ごとに、新たな栄養を蓄えるため、古くなった栄養を経血として体外に排出することです。

 

生理の期間や周期、出血の量は個人差がありますが、期間や周期が定まらない場合や、痛みがひどい場合には、子宮の病気を発症している恐れがあります。

 

生理の周期が長く、38日を過ぎてからしか生理が来ない希発月経の場合、周期が安定していれば、それほど問題はありませんが、生理が来ない期間がだんだん伸びていくような状態になると、卵巣や甲状腺に異常が出ていることが原因になっている恐れがあります。

 

反対に、3週間程度で生理が来る頻発月経の場合には、ホルモンが不足しているか、無排卵性月経になっている恐れがあります。

 

無排卵性月経は、卵巣からの卵がない生理のことで、経血量は少なく、10日以上続くというような症状が特徴で、直接不妊の原因になります。

 

順調な生理が続いていたにもかかわらず、突然生理が止まり、3か月以上生理が無い続発性無月経の場合は、環境の変化や、ストレスから引き起こされる場合、過激な運動を続けている場合、無理なダイエットや偏った食生活から引き起こされる場合があります。

 

続発性無月経は、不妊の原因となるだけではなく、ホルモン過剰、甲状腺異常、糖尿病などを引き起こすことがあります。

 

また、生理の期間が長い、月経血が多い、血の塊が出るなどの症状が出る過多月経の場合には、卵巣ホルモンの異常、子宮筋腫、子宮体がん、子宮内膜ポリープなどが発症している恐れがあり、治療しないと、不妊になってしまいます。